【ハッピーだ】ニュースまとめ

【ハッピーだ】ニュースまとめでは、主に、時事ニュース・面白ニュース・芸能ニュース・スポーツニュース・2chまとめニュースを毎日更新しております。

    アニメ/漫画/映画



    (出典 animetribia.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/06/01(金) 12:33:03.98 ID:9CH9mue00.net BE:882533725-PLT(14141)


    (出典 img.5ch.net)

    クレヨンしんちゃん声優が降板発表 「しんのすけの声を保ち続けるが難しく…」

    6/1(金) 12:15配信

    デイリースポーツ

     テレビ朝日系人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の声優、矢島晶子が29日放送を最後に降板することが1日、分かった。
    テレビ朝日が発表した。本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」と申し入れがあったという。7月からのしんのすけ役は現在調整中。


     矢島は92年4月13日放送から26年3カ月、しんのすけの声を担当。矢島は同局を通じ「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」とコメントを発表した。

     「クレヨンしんちゃん」は「嵐を呼ぶ5歳児」として、春我部で大活躍。美人のお姉さんと、お菓子のチョコビが大好きで、母を「みさえ~」などと呼ぶ独特の声が特徴。芸能人などの間でも声マネを得意とする人が数多くいる。

     今春にはシリーズ第26作となる映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛カンフーボーイズ~拉麺大乱」が上映されたばかりだった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000063-dal-ent


    【クレヨンしんちゃん、しんのすけの声優、矢島晶子が降板発表!】の続きを読む



    1 ゴアマガラ ★ :2018/05/14(月) 21:22:26.47 ID:CAP_USER9.net

    映画版『バイオハザード』などで知られるポール・W・S・アンダーソン監督が、ミラ・ジョヴォ*を主演に迎えながらハリウッド映画『モンスターハンター』を製作進行中であることが、海外メディアの報道より明らかになりました。

    Varietyによれば、映画版『モンスターハンター』はポール・W・S・アンダーソン監督とジェレミー・ボルトらによるチームによって製作されるということです。
    ジェレミー・ボルトは同じく映画版『バイオハザード』に参加してきたプロデューサー。人気ビデオゲームの映画化を手がけてきた彼らによって、2018年9月より南アフリカで撮影がスタートする見込みです。

    今作はコンスタンティン・フィルムが配給・製作を担当。ドイツ及びスイスでは同社が公開し、日本と中国のそれぞれの「大手企業」とパートナーシップを結びながら資金を得て、
    プロジェクトを進行していくと報じられています。企業名は明かされていないものの、同社取締役Martin Moszkowicz氏は「交渉の最終段階にある」とVarietyに話しています。

    また、Moszkowicz氏は映画版『バイオハザード』のリブートにも取り組んでいるのだとか。こちらに関しては「クリエイティブな作業が進行中」とのことで、テレビシリーズとして放映される可能性も検討されているご様子。
    リブート版にアンダーソン監督は参加しない予定ですが、Moszkowicz氏は「6本の映画を製作して12億ドルを稼ぎ、10年間にわたる仕事を収めた。彼には前に進む時が来たのだと感じた」と、同監督の功績を称えました。

    ハリウッド映画版『モンスターハンター』の計画は2016年に発表され、同年11月にはその物語の一部も明かされていました。当時の海外インタビューによれば、
    主人公となるのは『モンスターハンター』の世界に引きずり込まれたアメリカ人。その昔、とある英雄によって討伐されたはずのドラゴンやミノタウロスなどの神話上の怪物が突如として復活し、現代の世界へ侵攻していくというシナリオになるということです。

    https://s.gamespark.jp/article/2018/05/14/80747.html


    (出典 s.gamespark.jp)


    (出典 s.gamespark.jp)


    【【映画】ハリウッド映画版『モンスターハンター』にミラ・ジョヴォビッチ参加!9月より撮影開始】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/04/23(月) 05:03:14.45 ID:CAP_USER9.net

    4/23(月) 5:00 オリコン
    『ニセコイ』中島健人・中条あやみで実写映画化 “脱”王子&清純を宣言

     人気グループ・Sexy Zoneの中島健人(24)、女優の中条あやみ(21)が、古味直志氏の漫画を実写化する映画『ニセコイ』(12月21日公開)にW主演することが22日、わかった。極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘が、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるラブコメディー。2人のコミカルでエネルギッシュな口げんかの応酬も見どころの一つとなり、間近に迫ったクランクインへ向けて中島は「脱・王子」、中条は「脱・清純」を宣言した。

     原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2011年から16年まで連載され、コミックスのシリーズ累計は1200万部を突破。男性ファンを中心に熱狂的なファンも多く、先日ジャンプ誌面で実写映画化が発表され話題になっていた。中島が主演した『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16年)、中条が出演した『チア☆ダン ~高校生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17年)など、数々の恋愛・青春映画を手がけてきた河合勇人氏が監督を務める。

     極道一家に生まれながら、勉強一筋で将来の夢は普通の公務員という冴えない“もやし男”一条楽を演じる中島は、自身の代名詞でもある“キラキラ王子”のイメージを一切捨てコメディーに挑戦。「僕たち“ケンカップル”のケンカっぷりを、ぜひ堪能していただけたらうれしいです」と呼びかけ、「信頼する河合監督から、『今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』とおっしゃっていただき、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」と気合十分。

     中条は、ギャング組織の一人娘で容姿端麗ながら、男勝りで運動神経抜群、短気で口が悪く暴力的な“ゴリラ女”・桐崎千棘役。千棘と同じくハーフ女子、バナナ好きという共通点があり、「千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです」とコメント。初共演の中島について、「まわりにキラキラオーラをまとう、想像通りの紳士的な王子さま」と印象を明かし、「今回はそんな中島さんに、役と言えども激しく怒鳴り散らす男勝りな千棘ちゃんを演じるため、ここに『脱・清純』を宣言します!」と意気込んだ。

     原作者の古味氏は「まさかこんな旬のお2人に演じてもらえるとは思ってもみなくて驚きました! 楽と千棘がどんな風に演じてもらえるのか、一観客として楽しみにしています!」と期待している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    人気漫画を実写化する映画『ニセコイ』にW主演する中島健人、中条あやみ (C)2018『ニセコイ』製作委員会

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000320-oric-ent


    【【映画】『ニセコイ』中島健人・中条あやみで実写映画化 “脱”王子&清純を宣言】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)



    1 THE FURYφ ★ :2018/04/20(金) 10:18:14.05 ID:CAP_USER9.net

    8月1日から公開されるピクサーアニメーションスタジオの新作映画『インクレディブル・ファミリー』の日本語吹き替え版声優が
    発表された。

    同スタジオの第20作目となる『インクレディブル・ファミリー』は、かつてヒーローとして活躍した家族が廃業に追い込まれるが、
    再び奮起してヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻す様を描いた『Mr.インクレディブル』の続編。悪と戦う「フツー」の
    生活を送っているインクレディブル一家の日常や、母・ヘレンがあることをきっかけにイラスティガールとしてヒーロー活動を
    することになる様子、父・ボブがヘレンの代わりに家事を任されている様などが描かれる。

    日本語吹き替え版声優は、前作『Mr.インクレディブル』に引き続き、三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦が続投。
    三浦はボブ役、黒木はヘレン役、綾瀬はボブとヘレンの長女ヴァイオレット役、高田は悪役アンダーマイナー役をそれぞれ演じる。

    三浦は「今回は、赤ちゃんのジャック・ジャックのお世話などMr.インクレディブルが家事や育児に奮闘するようなので、
    イクメンヒーローとして頑張りたいと思っています!」、黒木は「前作は夫を支える妻でしたが、新作では私が演じる
    イラスティガールが家族の代表としてヒーローとして活躍するようなので、楽しみです!」とコメント。

    また綾瀬は「続編のお話を頂いてワッ見たいって思いました。多くのお客様に愛された作品に再び参加できることを嬉しく
    思っています。ヴァイオレット役、頑張ります!」、高田は「再び、ファミリーと戦うアンダーマイナー役ができると聞いて、
    大変嬉しく思います。『インクレディブル・ファミリー』出てこいやー!!」とコメントを寄せている。

    https://www.cinra.net/news/20180420-incrediblefamily


    【【映画】『インクレディブル・ファミリー』吹替版声優は三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦が続投】の続きを読む

    このページのトップヘ